2011年03月06日

お水取り 〜奈良・東大寺二月堂〜

nara001.jpg

まだまだ肌寒い日が続きますね〜。
そんな中、ここ奈良では「お水取り」の季節がやってきました!
昼夜ともに奈良の街はにぎわっております。

お水取りとは…?
東大寺二月堂で、毎年3月1日から14日まで行われており、今年で何と!1260回目を迎えるという、このお水取り。
正式には「修二会(しゅにえ)」という儀式なのですが、行中の12日深夜に、本尊に捧げる1年間の香水を若狭井という井戸から汲み上げるところから「お水取り」と呼ばれるようになりました。また、毎夜、大きな松明に火を灯されることから「お松明」とも呼ばれ、親しまれています。

このお水取りが終わると、奈良に春が訪れると言われています。

残すところ、あと8日…。
特に夜は厳しい冷え込みですので、行かれる方はあたたかい格好で♪
奈良の歴史を体感してきてくださいね〜!



MINT
posted by mint at 16:02| Comment(0) | 奈良
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: